ベトナムのTamLeは、サウスダコタ大学で会計を専攻しているシニアです。

ベトナムのTamLeは、サウスダコタ大学で会計を専攻しているシニアです。

できるだけ多くの人に良いコンテンツを提供するために、この記事のテキストは機械翻訳されていますので、間違いは許してください。ありがとうございました!

なぜアメリカに留学することにしたのですか?

それを「アメリカンドリーム」と呼ぶ人もいます。アメリカは高等教育と機会で知られているので、アメリカで勉強したかったのです。ここで多様性を受け入れ、個人的にも学問的にも成長したかったのです。

なぜ学校を選んだのですか?

質の高い教育を受けているサウスダコタ大学(USD)を選びました。米ドルは全国ランキングで上位にランクされており、その会計プログラムで有名です。 Beacom Business SchoolはAACSB認定を受けており、ここで素晴らしい学習体験ができると確信していました。米ドルでの学生と教員の比率は16:1であるため、学生は教授やメンターと交流し、学ぶ機会が増えます。また、USDはバーミリオンと呼ばれるサウスダコタ州の小さな町にあります。バーミリオンは静かで安全で、完璧な学習環境です。

あなたのプログラムや大学の何が一番好きですか?

私がUSD、特にそのビジネススクールで最も気に入っているのは、教授と学生のつながりです。彼らは本当に私たちの成功に投資していて、常に喜んで助けてくれます。 USDはまた、模擬面接、就職説明会、キャンパス内面接など、多くのキャリアリソースを提供しています。それらはすべて学生が無料で利用できます。 USDは学生を本当に気にかけていて、彼らが成功することを望んでいると思います。

家の何が一番恋しいですか?

間違いなく私の家族や友人。学校で長い一日を過ごした後、家に帰るのが恋しいです。彼らはただの電話ですが、それでも同じではありません。彼らは一生懸命働く私の動機です。

米国の生活と教育についての最大の驚きは何でしたか?

ここの人たちだと思います。私が会ったほとんどの人はとても親切で、あなたが彼らに手を差し伸べればあなたを助けてくれます。また、不可能なことは何もないという貴重な教訓を学びました。あなたが十分に一生懸命働くならば、利用可能な機会は常にあります。

...あなたの最大の失望?

仕事に応募するときのハードルだと思います。一部の企業は、ウェブサイトで、留学生や米国市民ではない学生を採用していないことを明確に述べています。それは外国人にとってある程度苛立たしくて不利だと思います…

どのように処理しましたか:

...言語の違い?

なるべく関わろうと思いました。アメリカ人と友達になり、ワークショップに行ったり、ボランティア活動をしたりしました。間違いを恐れずに話すだけで、英語力が大幅に向上したと思います。

...財政?

私はキャンパスで働きました。私は週に20時間まで働くことができました。夏にはインターンシップもありました。それは大いに役立ちました。

...別の教育システムに適応しますか?

最初は大変でした。教授やアドバイザーに助けを求めたところ、とても親切でした。彼らはいつも歓迎し、喜んで助けてくれました。

あなたの活動は何ですか?

キャンパス内のインターナショナルクラブに参加しました。私は他の国際的な友人といくつかの文化的なイベントを主催するようになりました。目を見張るような面白い体験でした!私はBetaAlpha Psi(BAP)のメンバーでもあります—会計と財務の学生のための名誉組織です。 BAPに参加することで、リーダーシップスキルを磨き、業界について多くを学び、コミュニティに還元することができました。

アメリカで友達を作るのはどれくらい簡単ですか、難しいですか?

あなたが自分の快適ゾーンから自分を押し出せば、それは簡単です。私たちは皆、間違いや文化の違いを恐れていることを理解しています。しかし、あなたがあなたの快適ゾーンから出ると、あなたはあなたとは異なる人々と友達を作るのは難しくないことがわかるでしょう。

あなたのキャリアのゴールはなんですか?あなたの米国の教育はあなたの個人的な目標とあなたの国のニーズにどのように関連していますか?

会計学の修士号を取得してから、公認会計士になりたいです。私の大学は私が私の目標に一歩近づくのを本当に助けてくれました、そして私はここでの私の経験に永遠に感謝しています。

米国の教育を検討しているあなたの国の他の学生へのあなたのアドバイスは何ですか?

自信を持って、大胆に、そして自分を信じてください。他の国に留学することは、考えることがたくさんあることを理解しています。しかし、自分を信じて夢を追い始めると、扉が開かれ、機会が得られます。あなたは彼らが「大きくなるか家に帰る」と言うことを知っています。

Show More

ベトナムのタム・ル

SUSA_img_200x55.jpg
雑誌版(PDF)をダウンロード Study in the USA®