All Resources

アメリカに留学することによって、多くの機会を得ることができます。以下は、アメリカでの学業や楽しい経験への準備に役立つ情報です。

アメリカでホストファミリーと暮らす

アメリカでホストファミリーと暮らす

「学生ビザが承認されるとすぐに、ホストファミリーを探し始めました。ホストファミリーとは、他国の学生が自宅に滞在できるようにする責任を負う家族です」と、トラッキーメドウズコミュニティカレッジの学生であるブロガーのAanchalTangriは言います。

January 19th, 2022
大学でストレスを解消するための5つのアドバイス

大学でストレスを解消するための5つのアドバイス

「私はあなたにうそをつくつもりはありません、大学は簡単ではありません。この投稿で私があなたに与えるアドバイスのいくつかで、あなたはあなたの心をクリアにすることができて、仕事と楽しみの間の良いバランスをとることができます!」 JoaoMagalhãesは書いています。彼はブラジルの学生ブロガーであり、フロリダ州タンパのヒルズバラコミュニティカレッジで勉強しています。

海外で英語を教えて世界を見る

海外で英語を教えて世界を見る

世界中でますます多くの人々が英語の知識が彼ら自身のキャリアパスの鍵であることに気づき、彼らはますます彼らのニーズを満たすために質の高い指導を求めています。

Man browsing through his gadget

モバイル開発

イノベーションはテクノロジーの要です。 10年前、私たちは単にテキストメッセージを送信したり、2色の画面でSnakeのゲームをプレイしたりすることに満足していました。今日、私たちは同じ時代の平均的なデスクトップコンピュータよりも多くを処理できるモバイルデバイスを持っています。将来的には、どのような進歩が起こるかを想像することしかできません。

Category: Beyond the Basics
January 18th, 2022
エドモンズ大学で生物学を学ぶ

エドモンズ大学で生物学を学ぶ

日本の中田翔樹はエドモンズ大学の留学生です。彼は現在生物学を専攻しており、4年制大学に編入することを望んでいます。 「生物学を専攻しているかどうかだけに焦点を当てて米国の大学を探し始めましたが、学生にどのような機会を提供しているかを探して、理想的な大学を見つけました」と彼は言います。

大学の救命ハック

大学の救命ハック

どうすれば大学での経験を自分で簡単にすることができますか?フロリダ州タンパにあるヒルズバラコミュニティカレッジの学生ブロガーであるキャサリンジョージは、大学生のために4つの命を救うハックを共有しています。

ムーアパーク大学の学生の叫び声

ムーアパーク大学の学生の叫び声

「 MoorparkCollegeには、優れた国際コミュニティがあります」と、コンピューターサイエンスを研究しているアフガニスタンのTamimMansooriは言います。 「他の留学生に囲まれた場所にいられて良かったです。私は米国の学生と同じ活動、さらにはそれ以上の活動をすることができました!」

January 14th, 2022
ワシントン州での生活

ワシントン州での生活

日本の中田翔樹はエドモンズ大学の留学生です。彼は現在生物学を専攻しており、4年制大学に編入することを望んでいます。彼は次のように述べています。「全体として、私はワシントン州とエドモンズ大学での生活が大好きです。大学とそこにいる人々なしでは私の人生を想像することはできません。」

アメリカの新しい中国の雑誌で研究を読む

アメリカの新しい中国の雑誌で研究を読む

中には、Study in the USAの年次印刷版でのみ取り上げられている記事、インタビュー、ヒント、プログラムがあります。これは、アメリカの教育へのガイドです。さらに良いことに、複数の言語の電子雑誌があります。雑誌のハードコピーを家に持ち帰りたいですか?地元の見本市、EducationUSAのオフィス、アドバイスセンター、大使館でコピーを確認してください。

Category: Magazines
January 13th, 2022
アメリカの新しいインドの雑誌で研究を読む

アメリカの新しいインドの雑誌で研究を読む

内部には、Study in the USAの年次印刷版でのみ取り上げられている記事、インタビュー、ヒント、およびプログラムがあります。これは、アメリカの教育へのガイドです。さらに良いことに、複数の言語の電子雑誌があります。雑誌のハードコピーを家に持ち帰りたいですか?地元の見本市、EducationUSAのオフィス、アドバイスセンター、大使館でコピーを確認してください。

遠く離れていても家と呼べる場所

遠く離れていても家と呼べる場所

チュニジアのNadimBoukhdhirは、ケント州立大学のフルブライト奨学生です。彼は、「私はケント州立大学で建築の修士号を取得することを認められました。そこでは、建築と教育、デザインと学習の関係について学びたいと思っていました。」

Subscribe to get the latest from Study in the USA

You can unsubscribe at any time.