アメリカでアメリカ会話英語を学ぶ

アメリカの会話英語研究分野の装飾画像

アメリカの会話英語プログラムと一致したいですか?

あなたに最適な学校を見つけることができるように、あなたが探しているものを教えてください。

Call to action background image. Decorative.




アメリカ会話英語の研究は、アメリカのネイティブスピーカーの間で日常会話で使用される言語の分析に焦点を当てた学問分野です。懇親会、非公式の会議、日常的なやり取りなどのカジュアルな環境で、語彙、文法、発音、イントネーション、およびアメリカ英語の文化的側面の研究が含まれます。

この研究分野では、公式言語と非公式言語の違い、方言と地域のアクセントの違い、性別、年齢、民族性などの社会的要因が言語の使用に与える影響も調査します。この分野の学者は、アメリカ会話英語のニュアンスを分析して理解するために、会話の録音やビデオ、調査、インタビューなど、さまざまなデータ収集方法を使用する場合があります。

アメリカン カンバセーショナル イングリッシュの学習は、ネイティブ スピーカー以外のコミュニケーション スキルの向上、文化の違いやアイデンティティに関する洞察の提供、語学教育の方法や教材の開発への貢献など、多くの理由で重要です。

アメリカでアメリカ会話英語を学ぶ

アメリカ会話英語の学習には何が含まれますか?

  1. 語彙:アメリカ会話英語では、正式な言語とは異なるさまざまな非公式の語彙が使用されます。この分野の研究者は、非公式の語彙を分析および分類して、共通のテーマとパターンを特定することがあります。
  2. 文法:アメリカ会話英語の文法は、短い文、短縮形、 俗語や慣用表現の使用など、正式な言語とは異なる場合があります。学者は、ネイティブ スピーカーが日常の会話でどのように言語を使用しているかをよりよく理解するために、アメリカ会話英語の文法の規則と慣習を研究することができます。
  3. 発音とイントネーション:アメリカ会話英語は、独特のリズム、イントネーション、発音が特徴です。研究者は、スペクトログラムなどのツールを使用してこれらの特徴を分析し、さまざまなアクセントや方言のパターンを識別できます。
  4. 文化:アメリカ会話英語は、性別、年齢、民族性、社会経済的地位などの文化的要因にも影響されます。この分野の学者は、スラング、ユーモア、社会的合図の使用など、これらの要因が言語の使用にどのように影響するかを調べることができます。
  5. 談話分析:この分野の学者は、談話分析技術を使用して、アメリカ会話英語の会話の構造、機能、および意味を調べることもできます。これには、話者が会話をどのように管理しているかを理解するために、順番の取り方、トピックの変更、およびバックチャネリングの使用を分析することが含まれる場合があります。

全体として、アメリカ会話英語の研究には、言語学、社会学、心理学、人類学を利用した学際的なアプローチが含まれており、ネイティブ スピーカーが日常のやり取りでどのように言語を使用しているかを包括的に理解することができます。

アメリカでアメリカ会話英語を学ぶ利点は何ですか?

  1. コミュニケーションの向上:言語と文化にどっぷり浸かることで、コミュニケーション スキルが大幅に向上します。学生は 実際の状況で言語を使用して練習することができ、自信と流暢さを高めることができます.
  2. 文化的理解:アメリカでアメリカ会話英語を学ぶことで、社会規範、習慣、価値観などのアメリカ文化をより深く理解することができます。これにより、異文化間のコミュニケーションが改善され、ネイティブ スピーカーとのより有意義なやり取りが可能になります。
  3. キャリアの機会:アメリカの会話英語に堪能であることは、教育、 ビジネス社会サービスなどのさまざまな分野でキャリアの機会を開くこともできます。これは、アメリカ人のクライアントや同僚とコミュニケーションをとる必要がある非ネイティブ スピーカーに特に当てはまります。
  4. 自己啓発:アメリカ会話英語の学習は、貴重な自己啓発の経験にもなります。個人が共感、適応性、世界に対するより広い視野を養うのに役立ちます。
  5. ネットワーキング:アメリカでアメリカ会話英語を学ぶことは、その分野の他の学生、専門家、学者とネットワークを作る機会にもなります。これは、貴重なつながりとコラボレーションにつながる可能性があります。

全体として、アメリカでアメリカ会話英語を勉強すると、コミュニケーションスキルの向上、文化的理解、キャリアの機会、個人の成長、ネットワーキングなど、多くのメリットが得られます。

アメリカでアメリカ会話英語を学ぶ

アメリカで強力なアメリカ会話英語プログラムを実施しているカレッジや大学は?

  1. カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA) - 応用言語学科: UCLA は、アメリカの会話英語に焦点を当てた第二言語/外国語としての英語教育 (TESL/TEFL) に重点を置いた応用言語学のプログラムを提供しています。
  2. ジョージタウン大学 - 言語学科:ジョージタウン大学の言語学科では、アメリカ会話英語のコースを含む、社会言語学と談話分析のプログラムを提供しています。
  3. ペンシルバニア大学- 教育大学院:ペンシルバニア大学の教育大学院では、アメリカ会話英語のコースを含む TESOL (Teaching English to Speakers of Other Languages) プログラムを提供しています。
  4. カリフォルニア大学バークレー校 - 言語学科: UC バークレーの言語学科では、アメリカ会話英語と社会言語学のコースを含む言語と言語学のプログラムを提供しています。
  5. ミシガン大学 - 言語学科:ミシガン大学の言語学科では、社会言語学および教育言語学のプログラムを提供しています。これには、アメリカ会話英語のコースが含まれます。
  6. ニューヨーク大学- 言語学科: NYU の言語学科では、アメリカ会話英語と談話分析のコースを含む社会言語学のプログラムを提供しています。
  7. ハワイ大学マノア校- 第二言語学科:ハワイ大学マノア校の第二言語学科では、アメリカ会話英語と語学教育のコースを含む TESOL プログラムを提供しています。

これらの教育機関は、アメリカの会話型英語で強力なプログラムを提供している米国の多くのカレッジや大学のほんの一例です。入学希望者は、各プログラムを調べて、自分のニーズと興味に最も適したプログラムを決定する必要があります。

強力なアメリカ会話英語プログラムを提供しているコミュニティ カレッジは?

  1. モンゴメリー カレッジ - イングリッシュ ランゲージ インスティテュート:メリーランド州のモンゴメリー カレッジでは、発音、語彙、文法だけでなく、アメリカ会話英語のコースを含むイングリッシュ ランゲージ インスティテュートを提供しています。
  2. サンタモニカ カレッジ - 第二言語としての英語 (ESL) プログラム:カリフォルニア州のサンタ モニカ カレッジでは、アメリカ会話英語、リスニングとスピーキング、発音のコースを含む ESL プログラムを提供しています。
  3. シアトル セントラル カレッジ - 集中英語プログラム:ワシントン州のシアトル セントラル カレッジでは、アメリカ会話英語のコースとアカデミックな読み書きを含む集中英語プログラムを提供しています。
  4. マイアミ・デイド・カレッジ- 英語学院:フロリダ州のマイアミ・デイド・カレッジでは、アメリカ会話英語、発音、慣用表現のコースを含む英語学院を提供しています。
  5. ポートランド コミュニティ カレッジ - 集中英語プログラム:オレゴン州のポートランド コミュニティ カレッジでは、アカデミックなリスニングとスピーキングだけでなく、アメリカ会話英語のコースを含む集中英語プログラムを提供しています。
  6. ウェストチェスター コミュニティ カレッジ - 第二言語としての英語 (ESL) プログラム:ニューヨークのウェストチェスター コミュニティ カレッジでは、アメリカ会話英語、文法、ライティングのコースを含む ESL プログラムを提供しています。
  7. ノーザン バージニア コミュニティ カレッジ - 第二言語としての英語 (ESL) プログラム:ノーザン バージニア コミュニティ カレッジでは、読み書き、文法だけでなく、アメリカ会話英語のコースを含む ESL プログラムを提供しています。

これらは、アメリカの会話型英語で強力なプログラムを提供する米国のコミュニティ カレッジのほんの一例です。大学と同様に、学生は各プログラムを調べて、自分のニーズと興味に最も適したプログラムを決定する必要があります。

アメリカでアメリカ会話英語を学ぶ

アメリカでアメリカ会話英語を学んだ後、どのようなキャリアの機会がありますか?

  1. 英語教師:アメリカ会話英語を学んだ人の最も一般的なキャリア パスの 1 つは、第二言語として英語を教えることです。これには、語学学校、コミュニティ カレッジ、または大学で働くことも含まれます。
  2. 通訳/翻訳者:もう 1 つのオプションは、企業、政府機関、または非営利団体の通訳者または翻訳者として働くことです。これには、会話の通訳や、英語から別の言語への文書の翻訳が含まれる場合があります。
  3. 国際ビジネス:アメリカ会話英語の学習は、 国際ビジネスでのキャリアを追求することに関心のある方にも役立ちます。これには、多国籍企業、輸出入企業、または政府機関で働くことが含まれます。
  4. 社会福祉:アメリカン カンバセーショナル イングリッシュのバックグラウンドを持つ人は、移民や難民の人々と一緒に働くなど、社会福祉のキャリアを追求することに興味があるかもしれません。
  5. ジャーナリズム:もう 1 つの選択肢は、ジャーナリストまたはメディア特派員として働くことです。これには、英語圏の国でニュースやイベントを取り上げたり、英語で発行するニュース アウトレットで働いたりすることが含まれます。
  6. 観光とホスピタリティ:優れたアメリカ会話英語スキルを持つ人は、ホテル、レストラン、旅行代理店で働くなど、観光およびホスピタリティ業界でのキャリアにも適している可能性があります。

これらは、アメリカでアメリカ会話英語を学んだ人が利用できる多くのキャリアの機会のほんの一例です。具体的なキャリアパスは、個人のスキル、興味、およびキャリア目標によって異なります。



これら学校について詳しく調べる

Olympic College International Student Programs

Olympic College

$1,000—$5,000 クオーター制

証明書/短期 2年制//コミュニティカレッジ - 2+2プログラム オンライン

すべてのプログラム

から最新のものを入手するために購読する Study in the USA

この登録はいつでも解除できます。