アメリカで会計学を学ぶ

会計研究分野の装飾画像

会計プログラムと一致したいですか?

あなたに最適な学校を見つけることができるように、あなたが探しているものを教えてください。

Call to action background image. Decorative.




会計は、ビジネス上の意思決定に役立つ情報を提供するために、金融取引を記録、分類、および要約するプロセスです。また、個人、企業、その他の組織が使用する財務情報の分析、検証、報告に関連する研究分野でもあります。

会計の研究には、ビジネス上の意思決定に役立つ情報を提供するための金融取引の分析、記録、要約、報告が含まれます。これには、組織に関する財務情報を収集、測定し、内部および外部の利害関係者に伝達するプロセスが含まれます。

会計には、財務会計、管理会計、監査、税務、会計情報システムなど、いくつかの主要な分野が含まれます。

  1. 財務会計は、組織の財務実績と状況に関する情報を提供する損益計算書、貸借対照表、キャッシュ フロー計算書などの財務諸表の作成に関係します。
  2. 管理会計には、予算編成、コスト管理、業績測定などの戦略的なビジネス上の意思決定を行うための財務情報の使用が含まれます。
  3. 監査には、組織の財務諸表と会計システムを独立して検査し、それらが正確で信頼できることを確認することが含まれます。
  4. 課税には、納税申告書の作成と提出、税法および規制の遵守が含まれます。
  5. 会計情報システムには、金融取引の記録と処理、および財務レポートと分析の生成のためのテクノロジーの使用が含まれます。

全体として、会計の学習は、財務資源を管理し、情報に基づいたビジネス上の意思決定を行うために不可欠なスキルと知識を提供します。

アメリカで会計学を学ぶ

米国の会計プログラムについてお読みください。

アメリカで会計を学ぶメリットは何ですか?

米国で会計を学ぶことには、次のようないくつかの利点があります。

  1. キャリアの機会:熟練した会計士の需要は高く、公会計、企業会計、政府会計、非営利会計などの分野で多くのキャリアの機会が存在します。
  2. 高い収入の可能性:会計は高収入の職業であることが知られており、多くの会計士が高収入を獲得しています。
  3. 汎用性:会計スキルは移転可能であり、幅広い業界やビジネスに適用できるため、多用途の分野となります。
  4. 専門的な評価:会計の学位や資格を取得すると、公認会計士 (CPA) になるなど、専門的な評価や地位を得ることができます。
  5. 成長の機会:会計の専門職は常に進化しており、継続的な学習と専門的な成長の機会が提供されています。
  6. 強い需要:会計はどのような組織においても重要な機能であり、企業や組織が存続する限り高い需要があり続けるでしょう。
  7. 世界的な認知度:会計基準と会計慣行は広く認識され尊重されており、国際的なキャリアの機会がある世界的な分野となっています。

米国のどの大学が優れた会計プログラムを持っていますか?

米国には強力な会計プログラムを備えた大学が数多くあり、最も評判の高い大学には次のようなものがあります。

  1. ハーバード・ビジネス・スクール
  2. スタンフォード経営大学院
  3. ペンシルバニア大学ウォートン校
  4. MIT スローン経営大学院
  5. コロンビア ビジネス スクール
  6. シカゴ大学ビジネススクールブース
  7. ニューヨーク大学スターンビジネススクール
  8. ミシガン大学ロスビジネススクール
  9. デューク大学フークアビジネススクール
  10. テキサス大学オースティン校、マッコームズ・スクール・オブ・ビジネス

これは包括的なリストではなく、米国中の大学で利用できる優れた会計プログラムが他にもたくさんあることに注意することが重要です。入学予定の学生には、複数のプログラムを調査および比較して、自分のニーズと目標に最も適したプログラムを見つけることをお勧めします。

アメリカで会計学を学ぶ

強力な会計プログラムを備えている米国のコミュニティ カレッジはどこですか?

米国には、強力な会計プログラムを備えたコミュニティ カレッジがいくつかあります。

  1. マイアミ デイド カレッジ
  2. ノーザン バージニア コミュニティ カレッジ
  3. サンタアナ大学
  4. デアンザ大学
  5. アーバインバレー大学
  6. ニューヨーク市立区マンハッタン コミュニティ カレッジ
  7. シアトル セントラル カレッジ
  8. エルカミノ大学
  9. ジョリエット短期大学
  10. オースティン コミュニティ カレッジ

これはすべてを網羅したリストではなく、米国には他にも高品質の会計プログラムを提供するコミュニティ カレッジが数多くあります。入学希望者は、複数の大学やプログラムを調査および比較し、自分のニーズと目標に最も適したものを見つけることをお勧めします。

米国で会計学を学んだ後は、どのようなキャリアのチャンスがありますか?

米国で会計を学んだ後は、次のような幅広い業界や組織で多くのキャリアの機会が得られます。

  1. 公会計:これには、クライアントに監査、税務、コンサルティング サービスを提供する会計事務所での勤務が含まれます。
  2. 企業会計:これには、財務諸表の作成、予算管理、経費の追跡など、企業の財務管理に関わる作業が含まれます。
  3. 政府会計:これには、地方、州、または連邦レベルで政府に協力して財政を管理し、法律や規制の遵守を確保することが含まれます。
  4. 非営利会計:これには、非営利組織の財務管理、財務諸表の作成、および法律や規制の遵守の確保を目的とした業務が含まれます。
  5. 財務分析:これには、組織が情報に基づいた意思決定を行うのに役立つ財務データの分析が含まれます。
  6. 税務:これには、個人および組織の納税申告書の作成と提出、および税金関連の問題についてのクライアントへのアドバイスが含まれます。
  7. 管理会計:これには、組織内の意思決定者が財務をより効果的に管理できるように、情報とアドバイスを提供することが含まれます。
  8. 監査:これには、財務記録の独立した評価を実施して、財務記録の正確性と法令への準拠を確保することが含まれます。

これは完全なリストではなく、会計教育を受けた個人が利用できるキャリアの機会は他にもたくさんあります。具体的な機会は、個人のスキル、興味、教育レベルによって異なります。



これら学校について詳しく調べる

すべてのプログラム

Edmonds College

Typical cost per Quarter: $1,000—$5,000

Bachelor Degree Secondary/Boarding Certificate/Short Term

から最新のものを入手するために購読する Study in the USA

この登録はいつでも解除できます。