なぜ留学するのですか?

なぜ留学するのですか?

できるだけ多くの人に良いコンテンツを提供するために、このブログ投稿のテキストは機械翻訳されていますので、間違いは許してください。ありがとうございました!

ピエトロロッシーニ

「ジャーナリズムを勉強しませんか?」この質問は約2年前に私の人生を変えました。

私は世界25カ国に存在するカトリックコミュニティの宣教師です。私たちはザベリアの宣教師であり、私たちの使命は「世界を単一の家族にすること」です。

私の会衆は、世界中の宣教師としての私たちの働きを報告するためにジャーナリズムを研究するように私に求めました。私はこの提案を熱心に受け入れました。それで、私はコミュニケーションスキルを習得し、優れたコミュニケーターになるためにここアメリカに来ました。

ピエトロ、イタリアを出発してボストンに向かう

なぜアメリカなのか?イタリアにはジャーナリズムの修士プログラムがあります。しかし、彼らは実践よりもコミュニケーションの理論に焦点を合わせています。

エリン・メイヤーが彼女の素晴らしい本「The Culture Map」で述べているように、ヨーロッパの大学は私たちが何かをする「理由」を説明する傾向がありますが、米国の大学は私たちが何かをする「方法」を教えようとします。そして、これは私が今必要としているものです。

私は神学の学士号を持っており、哲学も学びました。しかし、それらの主題は、私がジャーナリズムプログラムで勉強しようとしているものとは異なります。そのため、修士課程を始める前に、コミュニケーションの入門クラスを受講することにしました。

さらに、英語で修士号を取得することで、将来への扉が開かれると思います。ほとんどの場合、誰かが国際的な環境で働きたい場合。

私は世界中を旅して私たちの宣教を訪れ、そこで宣教師としての仕事を報告する予定です。このため、ボストン大学のマスタープログラムは非常に興味深いものでした。このプログラムは、多くの重点分野の中で、海外のレポートで提供されています。

私の家族は海外に住んでいる私に慣れています。確かに、私は19歳のときに家を出て、今は29歳です。それで、両親と一緒に住んでから10年になります。私はフィリピンに住んでいて、メキシコにも1年間住んでいました。ですから、私の人々は私の「旅の生活」に気づいています。

ボストンのピエトロ

最初は簡単ではありませんでしたが、彼らはそれについて満足しています。確かにホームシックになる瞬間もありますが、家族とビデオ通話をすることは大いに役立ちます。

誰もが海外に住む機会があるべきだと思います。ただ楽しみや休暇のために場所を訪れるという意味ではありません。私は新しい文化に住み、言語を学び、新しい環境に直面することを意味します。これはとても豊かな経験です。

私が米国で特に驚いたのは、世界が1つの国にあることです。ここでは、世界中から人々を見つけることができます。これにより、エクスペリエンスがさらに豊かになります。

異なる文化的背景を持つ仲間と研究を共有することで、人々はよりオープンマインドになります。学生は国際的なチームで働く方法を学ぶことができ、これは現代のビジネスフレームワークにとって特に意味があります。

勉強のためにアメリカに来る人に何か提案ができたら、「物を置き忘れることを恐れないでください。あなたが持っているすべての機会を見てください。一つ選んで、熱意を持って人生を送ってください!」


ピエトロロッシーニは、 フラミンガム州立大学のザベリア宣教師兼ESL学生です。彼はボストン大学でジャーナリズムの修士号を取得する目的で2020年1月に米国に来ました。彼の夢は、世界中の人類の物語を集めて共有し、世界を単一の家族にすることです。