トーゴのフロリダアハド:ポートランドコミュニティカレッジでの彼女の経験

トーゴのフロリダアハド:ポートランドコミュニティカレッジでの彼女の経験

できるだけ多くの人に良いコンテンツを提供するために、この記事のテキストは機械翻訳されていますので、間違いは許してください。ありがとうございました!

フロリダ・アハド

私は2016年12月にポートランドに到着しました。ホリデーシーズンだったので、雰囲気、最初の雪、多文化主義、すべてが私に魅了されました。私は2017年にポートランドコミュニティカレッジ(PCC)で他の言語を話す人のための英語(ESOL)を始め、2020年秋にコンピューター情報システムを専攻しました。PCCのクラスは少人数制で、インストラクターは各学生にもっと注意を払うことができます。各個人の成功に焦点を当てます。

PCCには、ポートランド全体に4つのキャンパスがあり、無料のシャトルサービスを利用できるため、キャンパス間の移動が簡単になり、交通機関を気にせずにクラスで最高の時間を過ごすことができました。

PCCでたむろするのに私のお気に入りの場所は、留学生のオフィスでした。なぜなら、文化的背景であろうと興味のレベルであろうと、私が関係できる誰かをいつでも見つけることができたからです。さまざまな国の文化を紹介し、学生同士の交流を支援するために、留学生がキャンパスの内外で開催するイベントが常にありました。ポートランドも全体として非常に居心地の良い場所であり、心温まる人々と興味深いイベントが一年中起こっています。

PCCにいる間、私は学生自治会、女性リソースセンター、留学生事務所で学生リーダーとして働く機会があり、オプショナルプラクティカルの仕事を見つけるのに役立つスキルと経験を身に付けました。トレーニング(OPT)。卒業後、学士号を取得する前にIT分野での経験を積みたいと思ったので、専攻分野で1年間働くことができるプログラムであるOPTに応募しました。

PCCへの入学は、最初は非常に恐ろしくて恐ろしい決断でしたが、今ここにいてそれを経験している今、人生を変えるような経験が私にとってどれほど大きいかを実感しています。それはおそらく私が今までにした中で最高の決断です。

Show More


西アフリカのトーゴ、ロメ出身のフロリダアハドは、ポートランドコミュニティカレッジでコンピューター情報システムを学びました。

SUSA_img_200x55.jpg
雑誌版(PDF)をダウンロード Study in the USA®

Related Schools