米国の大学の生徒会長:留学生として知っておくべきことすべて

米国の大学の生徒会長:留学生として知っておくべきことすべて

できるだけ多くの人に良いコンテンツを提供するために、この記事のテキストは機械翻訳されていますので、間違いは許してください。ありがとうございました!

米国で高等教育を追求することを計画している留学生にとって、課外活動の経験に基づいて構築することは重要な考慮事項です。そのような経験は彼らの文化的視点を高めるだけでなく、彼らにネットワークを作り、彼らのコミュニケーションスキルを開発する機会を与えるでしょう。留学生にとってそのような絶好の機会の1つは、大学の生徒会長に参加することです。

学生自治会のアイデアは、民主共和国のより大きな視点に組み込まれています。民主共和国では、さまざまな人口統計の学生が、大学環境で自分たちを取り巻く問題について懸念を共有できます。学生自治会の内部構造と働きは教育機関の規模とは異なる場合がありますが、政府の機能を見落とす行政、司法、立法府を持つ米国政府の構造に似ていることがよくあります。また、国会議員の形式に従います。どちらの形式でも、学生はオープンポジションに立候補する機会が与えられ、民主的なプロセスのように、仲間の学生から十分な票を獲得して、関心のあるポジションに選出される必要があります。仲間の学生に手を差し伸べ、学生の体を取り巻く問題について彼らとつながることができることは、おそらく米国の学術環境に比較的新しい留学生に確かに視点の価値を追加します。

一般的な考え方に反して、生徒会長に参加した経験は、政治学や法律前の専攻に有益であるだけでなく、予算の均衡とコンセンサスの調整を通じて、留学生にチーム環境で働く機会を提供します。ポリシーを達成するためにさまざまなメンバーの間で。学生自治会への参加を通じて学んだ移転可能なスキルは、留学生が専門的なイメージを構築する上で確かに大いに役立ちます。

結局、多様な参加者のチームと協力してリーダーシップとコミュニケーションスキルを開発し、専門能力開発の経験を拡大することから、学生自治会の一部になる理由はたくさんあります。しかし、それはまた、留学生の視点や、キャンパスでの日々の学術生活においてその学生グループが直面する課題や問題を他の国内学生と共有する貴重な機会を提供します。

Show More

Raghvendra(Ragh)Singh、ミズーリ大学コロンビア校の国際採用および入学のアシスタントディレクター

SUSA_img_200x55.jpg
雑誌版(PDF)をダウンロード Study in the USA®