佐藤 円香さん — SUNY Rockland Community College(SUNY ロックランド・コミュニティーカレッジ)での留学体験

佐藤 円香さん — SUNY Rockland Community College(SUNY ロックランド・コミュニティーカレッジ)での留学体験

インタビュー:

佐藤 円香さんはニューヨーク州のSUNY Rockland Community Collegeで留学生活を送っています。

アメリカに留学したきっかけは何ですか?

中学生のころに学校のプログラムで初の海外を経験し、とても楽しい思い出ができました。それと同時に英語が話せなかった自分に強くもどかしさを感じ、英語を話せるようになりたいという気持ちが強くなりました。また高校のころに夏休みを利用し、カナダに語学留学をしたとき、英語を使えることで世界中のたくさんの人とコミュニケーションを取れると嬉しく感じました。またそこで出会った留学生の話を聞き、自分も大学は海外で、という気持ちが大きくなりました。将来、自分が大人になったときに視野が広く見られる、大きな人になりたいと思って海外留学を決めました。

留学先にこの学校を選んだのはなぜですか?

留学を決めたときから、金銭面と自分の英語力を考えてコミュニティーカレッジに入学し、それから4年制大学に編入しようと考えていましたが、アメリカはUniversity、Community Collegeがたくさんあって選ぶのに苦労しました。卒業後はニューヨーク州かニュージャージー州の4年制大学に編入したいと考えていたので、授業のクレジットを移行しやすいと聞いたSUNY系列であるこの学校を選びました。また、留学生向けのESLクラスもしっかりしていると聞いたのでそれも大きな決め手の一つでした。

この学校を選んでよかった事は何ですか?

英語で授業を受けていることが本当に楽しいです。アメリカだと、クラス、宿題がもちろん英語でやらなくてはならないので自然に英語に溶けこめます。また、クラスのディスカッションなどでいろいろな人の考え方を聞けるので自分が考えもしなかった新しい考え方や発見が見つかるので毎回授業が楽しいです。

留学中、恋しくなるものは何ですか?

お母さんが作る料理が食べたいです。

アメリカに来てどれくらい立ちますか?

2年間滞在しています。

英語はどのくらい上達しましたか?

もちろん、ESLも助けになりましたが、私はふつうの授業をアメリカ人の生徒と受けることが自分の英語力を伸ばすことにつながったと思います。クラスでの発言は大事となりますし、エッセイなども他のアメリカ人と同じように採点されるので、提出前に友だちにチェックしてもらったりして、自分がまちがっている文法などを直せるように努力しました。学校に通ってみて、はじめは英語でうまく発言できずに落ち込んだときもあったけど、今はへこたれない精神が身に付きました(笑) 編入したり、仕事についてもこの気持ちを忘れずにがんばりたいです。

アメリカに来て一番驚いたことは何ですか?

クラスで生徒の発言・質問がとても多いこと。たまに話が熱くなりすぎてプロフェッサーが軽く止めに入ることもあります。

日本食・アニメなど日本の文化が好きな人が多い

アメリカに来て残念だったことは何ですか?

日本食・アニメなど日本の文化が好きな人が多い

コンビニの店員などが驚くほど無愛想なときもある

言葉の違いをどう克服しましたか?

通じなくても英語を話そうとトライし続けることが大事。友だちができて話すうちに自分がわからなかった言い回しなどがわかるようになる。エッセイなどを書いたときは、提出する前に学校のWriting Center(エッセイをチェックしてくれるところ)に持っていき、添削してもらいます。

経済的なことはどうしてますか?

学校のオフィスで週15時間働いています。また、この学校にはCup Boardという生徒なら無料で食品などがもらえるところがあるのでよくパスタなどをもらいにいきます。

教育システムの違いにはどう対処しましたか?

スピーチやディベートは日本ではほぼ経験したことがなかったので慣れるまで大変でした。今でもクラスのみんなの前でスピーチするときはすごく緊張しますが、発表の前に友だちに聞いてもらったり、自分で練習したりします。またわからないところがあればプロフェッサーはもちろん、友だちもやさしく教えてくれるので自分の気持ちとやり方次第で日本とアメリカの授業の違いも乗り越えられると思います。

どのような課外活動に参加していますか?

11月には、留学生へのThanksgiving dinnerがありました。アメリカの文化の一つに触れながら友だちとDinnerを楽しみました。学校では、生徒向けにミュージカルや遊園地のチケットを安く販売しているので友だちと時間があるときに行きます。 また、クラブごとに定期的にベイクセールやランチ販売をしているので常にいろいろなアクティビティーがあります。

友人を作ることは難しいですか?

クラブに入ればすぐに友だちはできるし、特に同じ留学生同士だと仲良くなりやすいです。

アメリカでの留学は目標達成の上でどう役立つと思いますか?

まずは4年制の大学を卒業することが目標です。自分の専攻である心理学の知識を深めていき、将来は英語を使いながら仕事をしたいと考えています。アメリカと日本をつなぐ人になりたいです。

これから留学予定の学生に何かアドバイスはありますか?

アメリカの大学は自分が努力した分だけ認められるし、サボったらそれが跳ね返ってくるという、自分との戦いが多い気がします。大変なことが多い留学生活ですが、とてもよい経験になると思うし、なにより視野が大きく持てるようになると思います。楽しいこと、びっくりすることが多いアメリカで勉強するのは楽しいですよ!!

Show More

SUSA_img_200x55.jpg
雑誌版(PDF)をダウンロード Study in the USA®

Related Schools