盗作-知っておくべきこと

盗作-知っておくべきこと

できるだけ多くの人に良いコンテンツを提供するために、この記事のテキストは機械翻訳されていますので、間違いは許してください。ありがとうございました!

アカデミックライティングは、米国の大学での大学生活の重要かつ一定の部分です。これはすべての学生にとって挑戦的ですが、新しい言語で書くこと、異なる教育システムで勉強すること、そして別の文化に住むことは、留学生に独特の挑戦をもたらす可能性があります。

学生として、あなたは多くのエッセイ、レポート、および研究論文を書く必要があります。時間を節約して高学年を取得するために、他の人から学術作品をコピーしたり、助けを求めてカスタムライティングサービスを探したりしたくなるかもしれません。

明確にするために、これは米国で勉強するときに決してしてはいけないことです。これは学界では「盗作」として知られています。それはあなたの追放と台無しにされた学術的評判につながるかもしれません。

盗作とは何ですか?

剽窃とは、誰かの作品を盗み、それを自分のものとして表現するプロセスです。それは違法であり、ほとんどのアメリカの大学の方針に従って罰則につながります。

留学生は、盗作は単にコピーアンドペーストするだけではないことを理解する必要があります。避けるべき盗作の最も一般的な形式は次のとおりです。

-直接–帰属なしに、誰かの作品を一言一句書き直すとき

-モザイク–引用符や帰属なしで、誰かの作品からいくつかのフレーズを借りる場合

-言い換え–誰かの仕事を引き受けるときは、語順を変更して、自分のものとして表現します

-自己–以前の作品を再度提出するとき、または以前の文章の一部を使用して新しい作品を作成するとき

-偶発的–適切な引用なしに誰かの作品を意図せずにコピーまたは言い換えた場合

アカデミック・ライティングを盗用した場合、あなたはどうなりますか?

アメリカの教育機関は学問的誠実さを支持し促進しています。つまり、あらゆる形態の盗用や不正行為は禁止されており、罰則が科せられます。成績の不合格、停学または退学が最も明白な結果ですが、他にもあります。盗用する場合は、次のことができます。

-あなたの評判を傷つけます

-教師や仲間の信頼を失う

-あなたが盗んだ作者を傷つけます

-教育界を弱体化させる

-批判的に考える能力を失う

盗用の問題を回避する方法:

他の人の作品をコピーしたり、他の学生のためにエッセイを書いたり、出典を引用することを忘れたりしないでください。そのためには、盗用と適切な言い換えの違いを理解する必要があります。同義語を使用したり、自分の言葉で誰かのアイデアを説明したりしてもかまいません。言い換えると、元の意味を維持しながら、それについての個人的な考えを共有します。あなた自身の書く声とスタイルを使用してください。適切な引用を提供せずに、単語の順序を変更するだけではいけません。

また、教授のフォーマットガイドラインに従ってください。 APA、MLA、シカゴ–これらのスタイルガイドはすべて、引用と引用に関して厳格な規則があります。エッセイやその他の種類の論文の引用をフォーマットする方法を知っておく必要があります。

学術論文の最後にリファレンスページを含めることを忘れないでください。参照ページは、エッセイの議論をサポートするために使用した公開済みの作品のリストです。あなたはそれを正しくフォーマットする方法とあなたの論文の本文からそれを参照する方法を学ぶ必要があるでしょう。

教授に学術研究を提出する前に、必ず校正して編集してください。引用符と参照をもう一度確認し、スペルと文法の間違いを再確認して、エッセイを声に出して読んでください。このトリックは、あなたの文章が流れるかどうか、そしてそれを改善するために変更できる欠陥があるかどうかを確認するのに役立ちます。

教授をだますことができるとは思わないでください!信じられないかもしれませんが、彼らはあなたがあなたの仕事を盗用したかどうかを知っています。評判の良い盗作チェッカーは、彼らがあなたの文章をスキャンし、学界での不正を防ぐのに役立ちます。それ以上に、あなたの教授はあなたのエッセイの書き方を知っているので、あなたの論文の著者が誰であるか、あなたかあなたの友人かを簡単に推測できます。

盗作チェッカーは、学生にとっても優れたツールです。彼らはあなたが教授にあなたの仕事を提出する前に文章をスキャンして重複を見つけるのを助けることができます。

Show More

個人教育者でオンライン家庭教師のLesleyVosが、www.plagiarismcheck.orgのブログを公開しています。

SUSA_img_200x55.jpg
雑誌版(PDF)をダウンロード Study in the USA®