教室でテクノロジーを使用するメリットのトップ7

教室でテクノロジーを使用するメリットのトップ7

できるだけ多くの人に良いコンテンツを提供するために、この記事のテキストは機械翻訳されていますので、間違いは許してください。ありがとうございました!

教育技術が何年にもわたって発展し続けるにつれて、教室内でのテクノロジーの使用はますます一般的になっています。多くの教師は、当然のことながら、さまざまな学習方法を採用することに消極的ですが、その利点を過小評価することはできません。ですから、あなた自身が教育者であろうと、心配している親であろうと、教室内でテクノロジーを使用することのこれらの上位7つの利点を見てください。

テクノロジーは注意力を向上させます

授業中に子供たちを引き付け続けることは、最善の場合には困難ですが、教室にテクノロジーを導入することは、生徒の注意を維持するための優れた方法です。教師が利用できる非常に多くの異なるクイズや教育ゲームがあるため、可能性はほぼ無限です。そこにいるすべての視覚的な学習者にとって、教育ビデオを見ることは、従来の学習の優れた代替手段です。ビデオはレッスンを消化しやすくするだけでなく、学習者を没頭させ、集中力を維持するのにも役立ちます。

テクノロジーはコラボレーションとチームビルディングを促進します

テクノロジーの導入により、学生がチームの一員として共同作業や作業をさらに簡単に行えるようになりました。どちらも、ほぼすべての職場環境で不可欠なスキルです。たとえば、クラウドストレージを使用することで、生徒は自宅でも学校でもファイルを簡単に送信およびアクセスできます。特定のアプリでは、お互いの作業を修正したりピアレビューしたりすることもでき、世界中の他の学生と一緒に作業することも可能です。

将来に備えて学生を準備します

過去数十年で、私たちの教育への取り組み方は劇的に変化しました。将来的には、テクノロジーが教室や職場でさらに大きな役割を果たす可能性が高くなります。現在、多くの従来の仕事では基本的なITリテラシーが必要であり、学生がテクノロジーに慣れていることを確認することで、進化し続ける職場に適応できるようになります。また、セルフガイドリサーチや批判的思考など、他の多くの重要なスキルの準備もします。

教師のサポートを改善します

教師と生徒の間で適切なレベルのサポートを維持することは、教育に関しておそらく最も重要な側面の1つです。ただし、教室がますます大きくなるにつれて、1対1のガイダンスはしばしば困難になる可能性があります。教育用アプリとツールを使用すると、教師は各生徒の進捗状況を簡単に追跡できます。つまり、各学習体験を子供のニーズに合わせて調整できます。教室への出席や行動の監視など、他にも多くの用途があります。

セルフガイド学習

教室内でテクノロジーを使用するもう1つの利点は、生徒が自分のイニシアチブを使用して自分自身を指導することを奨励することです。伝統的な教育の最も挑戦的な側面の1つは、すべての子供が正しいペースで学ぶことを確実にすることです。一部の生徒は他の生徒よりもゆっくりと概念を理解するかもしれませんが、テクノロジーにより、裾は難しいトピックを再検討し、自分の速度で学ぶことができます。これにより、教室で遅れをとらないようにするだけでなく、特定のトピックをさらに深く掘り下げることができます。

モバイル学習を可能にします

テクノロジーのもう1つの優れた側面は、学生がリモートで作業できることです。家にいても休日でも、子供たちが教室の外で学習を続けることができる教育アプリがたくさんあります。教育用アプリは、従来の宿題とは対照的に、学生を引き付ける可能性もはるかに高くなります。さらに、教育ビデオなどのツールは、従来の教科書やワークシートよりもはるかに明確に概念を説明する場合があります。また、ユーザーが独自の調査を実施し、独自の学習を管理できるようにすることも奨励しています。

特別支援を必要とする学生を支援します

最後に、テクノロジーは、特別なニーズや要件を持つ子供を扱うときに非常に便利なツールになる可能性があります。たとえば、協調運動不全で手書きが遅い生徒の場合、ラップトップやタブレットを使用すると、仲間に遅れずについていくことができます。生産性の向上に役立つだけでなく、レッスンに集中して保持を支援することもできます。支援技術には、口頭で苦労している子供向けのテキスト読み上げソフトウェアなど、他にも多くの用途があります。視覚障害者向けの点字ディスプレイ。

結局、障害のある子供たちを支援する場合でも、学習者が世界中でコラボレーションできるようにする場合でも、テクノロジーを教室に統合することで、教師と生徒の両方にさまざまなメリットがもたらされます。それは学生に将来のための重要なスキルを教えるだけでなく、注意力、チームワークを助け、生徒が自分で学ぶことを奨励します。教室が進化するにつれて、テクノロジーは学習プロセスの不可欠な部分になる可能性があります。

Show More

ジェニファー・モンローは小学校前の教師で、7年間子供たちに教えています。彼女はまた、話すのに問題のある子供たちと協力し、人々が彼らの人前でのスピーチに自信を持って話すのを助けます。彼女が教師になることを決心した理由は、知識は力であると信じており、生徒を教育するために最善を尽くしているからです。

SUSA_img_200x55.jpg
雑誌版(PDF)をダウンロード Study in the USA®