子供を連れてくることはできますか?扶養家族が心配な留学生へのアドバイス

子供を連れてくることはできますか?扶養家族が心配な留学生へのアドバイス

できるだけ多くの人に良いコンテンツを提供するために、この記事のテキストは機械翻訳されていますので、間違いは許してください。ありがとうございました!

ライアン・ヒッキー

扶養家族を持つ成人の大学生はいくつかの独特の課題に直面しており、留学生にとって、それらの困難は著しく悪化しています。今日、米国にいる100万人を超える留学生のうち、非常に多くの留学生が年長であり、家族の責任を考慮する必要があります。家族や扶養家族から長期間離れることは、感情的または経済的に実現可能ではないかもしれませんが、学業上の理由で家族を米国に移すときに生じる制限は、ナビゲートするのが難しい場合があります。家族と一緒に勉強するために米国に引っ越す際のよくある質問への回答は次のとおりです。

MビザとFビザの違いは何ですか?

専門学校の学生はMビザが必要ですが、アカデミックコースに在籍する留学生はFビザを取得します。これらは、留学生がフルタイムの教育プログラムに参加するために必要です。学生ビザは通常F-1またはM-1ですが、J-1の場合もあります(柔軟性は高くなりますが、取得が難しくなります)。 F-1ビザとJ-1ビザの違いの詳細については、ミシガン大学に便利なチャートがあります。

扶養家族にはどのようなフォームが必要ですか?

扶養家族も事務処理が必要です。家族を連れて行くというあなたの意図を知った後、あなたの選択した学校の国際学部はあなたにI-20フォームを与えます。これは扶養家族がF-2、M-2またはJ-2ステータスを申請することを可能にします。あなたのビザに基づいています。

在学中に家族を養うために働くことはできますか?私の配偶者は働くことができますか?

残念ながら、あなたがJ-1ビザを持っていない限り、あなたの配偶者は合法的に米国での就労を申請することはできませんので、学校に通う前にそれを考慮してください。ただし、F-1の学生は、キャンパス内で働く資格があり、学習プログラムに直接関連するポジションで、キャンパス内外で最大12か月間働くこともできます。これは通常、オプショナルプラクティカルトレーニングの一部です( OPT)またはCurricular Practical Training(CPT)であり、特定の研究分野に関連する実践的なトレーニングであることを実証する必要があります。特定のSTEM専攻では、17か月の延長が可能です。

私の子供は学校に行くことができますか?

F-2またはM-2の子供は、ビザを取得した後、追加の書類なしで幼稚園から12年生まで通う資格があります(通常は義務付けられています)。子供を年齢に応じて特定の学年に置くことができる州法があります。

配偶者は学校に行けますか?

配偶者はパートタイムで学校に通うことができますが、フルタイムで勉強するには、I-539フォーム(「非移民ステータスの延長/変更申請書」)を取得し、自分のF-1またはM-1ステータスを取得する必要があります。

家に帰って帰ってもいいですか?

答えは「はい」ですが、旅行には注意が必要です。重要なのは、すべての事務処理を事前に整理しておくことです。特に、米国に戻る旅行の場合は、次のことが必要になります。

  • 現在のI-20の名前(主要なビザ保有者が米国にフルタイムで登録されていることを証明する)
  • 有効なビザ
  • フォームI-94の到着/出発記録

留学生が米国で勉強する前に、彼らは経済的安定性を示し、ビザ期間中に授業料と生活費を支払うことができることを示さなければなりません。場合によっては、米国に戻るときにこれと同じ情報を提示するように求められることがあります。

移民ステータスを失った場合はどうなりますか?

ご想像のとおり、移民ステータスを失うと、扶養家族も失います。つまり、米国の法律に従うだけでなく、クラスに参加して合格点を達成することも重要です。

ここに子供がいる場合はどうなりますか?

米国で生まれた子供は米国市民であるため、F-2またはM-2ステータスの資格がありません。

詳細情報を見つけることができる他のリソースは何ですか?

詳細については、国土安全保障省および米国市民権移民局をご覧ください。これらは、留学生のための明確な情報と段階的な指示を備えた、利用可能な最高のリソースの2つです。とはいえ、より多くの情報を探すのに最適な場所は、申請している個々の学校です。これらのそれぞれに留学生サービス部門があります。必要な支援が必要な場合は、これらの部門に連絡してください。彼らはすべての質問を聞いて、すべての答えを持っています。

Show More

著者について

Ryan Hickeyは、 Peterson’sEssayEdgeの編集長であり、大学、卒業生、専門家の入学の多くの側面の専門家です。イェール大学を卒業したライアンは、SAT、AP試験、TOEFLのテスト準備資料の作成など、さまざまな入学資格で10年近く働いてきました。エッセイと個人的な声明の編集;申請者と直接相談します。

SUSA_img_200x55.jpg
雑誌版(PDF)をダウンロード Study in the USA®