サンフランシスコをドライブする忘れられない日帰り旅行

サンフランシスコをドライブする忘れられない日帰り旅行

In our effort to bring good content to as many people as possible the text in this blog post has been machine translated so please excuse any mistakes. Thank you!

アレハンドラ・サラス

選挙が近づくと、政治は確かにストレスの多いトピックになる可能性があり、私は私の国の大統領選挙で毎回その立場にいることに気づきます。ペルーからの留学生として、4月11日の選挙人選挙の第1ラウンドに投票する必要性を感じました。その日曜日、私は朝早く起きて、タホ湖からサンフランシスコにある最寄りのペルー大使館まで車で行くことにしました。私は、誇り高きペルー人としての公民権を達成し、サンフランシスコ湾を楽しむためにそこに行くことを計画しました。しかし、私が大使館に到着した後、物事は期待通りにはなりませんでした。大使館には、投票を待っているペルー人の巨大な列がありました。

そこに着くと、人の列に沿ってブロックを歩き回り、投票所の正面玄関に到着しました。待ち行列が多かったのですが、待ちきれずに入り口に向かったところ、家系の名前の文字通りに並んでいるところを探すだけでした。私の文字はSで始まり、幸運なことに、私の行はほとんど空でした。私は私の列の4番目の人であり、投票に非常に近いという誇大宣伝を制御することができなかったので、私は祝福を感じました。ところが、玄関先で入る番だったのですが、まず選挙顧問の一人がペルーのID番号を聞いてきたのですが、本拠地の住所が原因で投票できないことに気づきました。まだリマに登録されていました。留学生として、私の国の大使館に来て投票するのはとても簡単だと思いましたが、そうではありませんでした。私は、この民主的なプロセスに参加することを決定する前に、私の国の海外投票プロセスについて自分自身に知らせるためのレッスンを学びました。

ペルー大使館を出てからはまだ早朝で、今のところ街にいることを毎秒楽しんでいました。建築に触発された気分でダウンタウンを歩き回りました。また、サンフランシスコのペルー人コミュニティは大きいので、新鮮な魚で有名な母国「ラ・マール」のセビチェなどの伝統料理を提供する美味しいペルー料理店を見つけることができました。投票できなかったのですが、懐かしいペルー料理を楽しむことができたので、旅全体がそれ以上の価値がありました。悪いニュースをサンフランシスコ湾での素晴らしい体験に変えました。


昼食後、私はサンフランシスコ湾を歩き回り、ピア39や他の多くの場所を訪れました。それは、それを楽しむためだけでなく、消化にも良いからです。私を信じてください、私がペルー料理を食べてからずっと長い間、私はメニュー全体を試しました、それで散歩は大いに必要でした。駐車場は難しい場合がありますが、街のレイアウトでは、歩いたり、自転車に乗ったり、桟橋のそばにある場合はスクーターを借りたりして、駐車場を探索することができます。 1つの有名なブロックで8つの急な曲がり角があるため、曲がりくねった道で知られるロンバードストリートのそばにいる場合は、ドライブするか、ただ歩くことをお勧めします。どちらの選択肢も、最も美しいタウンハウスとは対照的に見ることができるので、どちらも楽しめます。近代的な建物。


その晴れた日は天気が良く、ゴールデンゲートブリッジを眺めながらビーチを訪れるのにぴったりだったので、歩き回って買い物をした後、そこへ向かった。途中、古代ギリシャ神殿を彷彿とさせる巨大なコリント式の柱のある公園を通りかかったので、すぐに立ち寄りました。そこに着くと、その公立公園は「パレス・オブ・ファインアーツ」としても知られていることを知り、一瞬ヨーロッパをツアーしているような気がしましたが、いや、サンフランシスコ湾にいて、こんなに楽しんでいました。多くの人が写真を撮りに行く魔法の場所、さらにはブライダルフォトセッション。パンデミックの影響で苦境に立たされたにもかかわらず、街がいかに活気に満ちているかを見るのはとても楽しかったです。もちろん、そのような公共の場でも、後悔するよりも防ぐ方が良いので、マスクを着用しなければなりませんでした。パレスオブファインアーツを突然訪れた後、私は計画を続け、ゴールデンゲートブリッジの上にある別の公共公園に行かなければなりませんでした。駐車場は人でいっぱいだったので、この日は都合が良かったと思いますが、その駐車場に入ると、別の車が出て行って、無料の駐車違反切符をくれました。正確な理由はわかりませんが、とても親切で、本当に助かりました。湾を歩いていると、たくさんの人が橋の下や周りをサーフィンし、たくさんのヨットやカモメが空を飛んでいるのを見ました。ビーチのそばで平和に過ごし、水と景色を楽しんでいる素晴らしい風景です。家に帰る途中、ゴールデンゲートブリッジを車で走り、街のスカイラインを眺めながら、サンフランシスコはとても価値があるので、何度でも戻ってくると空中に言いました。

全体として、何かがあなたに有利にならなくても、それを最大限に活用することができると私は言います。それはすべて前向きな視点から物事を見ることが重要です…そして最も素晴らしい経験は計画されていないことを忘れないでください。

ペルーのリマ出身のAlejandraSalasは、建築の学生であり、 Truckee Meadows CommunityCollegeの新しい国際ピアメンターです。