境界、いつ線を引くか

境界、いつ線を引くか

In our effort to bring good content to as many people as possible the text in this blog post has been machine translated so please excuse any mistakes. Thank you!

ハムディアトゥ・ヤクバ

「境界」はおなじみのようですね。この言葉を最後に使ったり聞いたりしたのはいつですか。それは通常地理に関連しているので、それはしばらく経っていると確信しています、そして何ですか?土地!ええ、ある種。この言葉は文字通り「分割、分割、制限、分離」を意味します。しかし、それは「ルール、原則、距離、そして空間」を意味することもあります。

人間として、私たちは他者との関係を築くか、または持つ義務があります。私たちは自然に、これらの絆によって、そしてこれらの絆とともに、私たちの生活のさまざまな集落に住んでいます。状況や季節にもよりますが、私たちは人々を自発的に、そしていくらかそうではなく、私たちの生活に出入りさせます。私たちの性格は、私たちと彼らに受け入れられる方法で他者を受け入れ、扱うことを可能にします。

さて、境界に戻ると、前述のように、これらは2つのパーティに設定された制限です。これは、国、都市、地域、土地、家などの間の通常の境界である可能性があります。しかし、ちょっと!私たちには、個人的、感情的、愛、社会的境界などがあります。それらは私たちが自分たちのために設定した規則、私たちがどのように扱われたいか、生活水準などを構成します。

私たちは皆、自分自身のために、そして時には社会、家族、宗教、または民族によって境界を設定しています。それらは、私たちを作ったり、作ったりしないために合計されます。私たちがこれらの境界に準拠する程度は、私たち自身や他の人との関係を定義します。

あなたが自分のために設定したものは何ですか?私たち全員には、私が「原則」と呼ぶ個人的なルールがあります。あなたは常に彼らを守りますか、それとも他人のために自分に合うだけでなく、他人を満足させるために自分に合っていると思うときに例外がありますか?私たちが自分たちのために設定した境界は柔軟であり、自分に合うように時々変更することができますが、他の人にとってはそうではありません。私たちが私たちの生活に特定のものや人々を容認または許可する限界があるはずです。

以前のように収容できなくなったときに、人々がどのように反応するかを理解または気づいたことがありますか?したがって、あなたがあなたの社会的境界を行使したり描いたりするとき。誰を友達として受け入れるか、誰を受け入れないかを決めるとき、それは境界であり、他の人との関係に影響を与えます。これは、彼らがそれに慣れていないか、あなたから、さらに良いことに、彼らがそれを受け入れたくないと期待していないためです。まあ、それは彼らの問題だと私は言います。境界要件に関して、何を、いつ、誰が問題ないかを決定するのは私たちの責任です。

あなたにとって何が大丈夫ですか?どのように扱われたいですか?他の人にどのようにアプローチしてもらいたいですか?人間関係においてあなたに受け入れられるものは何ですか?誰を友達と呼びますか?どのポジションがあなたにとって快適ですか?いつで十分だと思いますか?そのエゴイスティックな友人/恋人にどれくらいの期間対応しますか?あなたにとって道徳的に正しいと思われるものは何ですか?何に適応したいですか?何を妥協して犠牲にしますか?恩知らずの人にどう対処しますか?いつあなたはあなたと他の誰についてもすべてを成し遂げますか?それらは境界です。

人々があなたを利己的、自己中心的、エゴイスティック、無情、意地悪、そして彼らが考えることができるすべての否定的な言葉と呼んでも大丈夫です。はい、それは線が引かれた場所と時間であるため、OKです。私たちが境界を設定して、「それで十分であり、私は私に愛されるに値する」と言うとき。

それらの境界を設定し、私たちの生活の中で有毒な状況を取り除くことから始めましょう。そうすれば、自己愛、セルフケア、自己実現が起こります。今、未来が私たちを待っています。私の生活へようこそ!"

西アフリカのガーナ出身のHamdiatuYakubuは現在、アイオワ州シーダーラピッズのカークウッドコミュニティカレッジでジャーナリズムを学んでいます。彼女は自然、料理、映画鑑賞、言語、執筆、写真撮影が大好きです。


西アフリカのガーナ出身のHamdiatuYakubuです。私は現在、アイオワ州シーダーラピッズのカークウッドコミュニティカレッジでジャーナリズムを勉強しています。私は自然、料理、映画鑑賞、言語、執筆、写真撮影が大好きです。